電気主任技術者の基礎用語   

  -------------------------------------------------------------


        ■□□■□ 方 向 地 絡 継 電 器 
□■□□■□

                                    03/2/26
                                     tok


 方向地絡電器(DGR)は構内のケーブルが長く、地絡過電流継電器では事故点の識別が困難な場合に採用されます。

 需要家構内のケーブルが長くなると大地との静電容量が大きくなり、構外の配電線側の地絡事故でも零相変流器に大きな零相電流が流れます。零相電流だけでは需要家内の事故なのか、構外事故なのか区別できません。

 方向地絡電器には、@ 接地用変圧器で検出した「零相電圧」を入力し、A さらに「零相電流」を入力する。 方向地絡電器は、この電圧と電流の位相のずれ検出し動作させる継電器で、零相変流器設置点から構内の事故方向に電流が流れる時だけ動作します。





------------------------------------------------------------
めもCGI by Chama-Net